特定個人情報の適正な取り扱いに関する基本方針

特定個人情報の適正な取り扱いに関する基本方針

特定個人情報の適正な取り扱いに関する基本方針

京都府農業共済組合(以下「組合」という。)は、特定個人情報の適正な取り扱いの確保について組織として取り組むため、この基本方針を定めます。

  1. 法令等の遵守
    組合は、「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」、「個人情報の保護に関する法律」及び「特定個人情報の適正な取り扱いに関するガイドライン(事業者編)」を遵守して、特定個人情報の適正な取り扱いを行います。
  2. 個人番号の適切な取得、利用、提供
    組合は、特定個人情報を法の定める目的に必要な範囲に限定して取得するとともに、その利用目的を明らかにし、その目的の範囲内において利用し、あらかじめ特定した利用目的を超えて第三者に提供することはいたしません。
  3. 特定個人情報の安全管理対策
    組合は、特定個人情報への不正アクセス、特定個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどの予防並びに是正のために諸規則を整備・改定し、安全管理対策を実施します。
  4. 職員等及び委託先の監査
    組合は、全役職員等に対し特定個人情報の重要性についての教育・研修を行うとともに、特定個人情報に係る事務を委託する場合には、委託先について適切に監督します。
  5. 規則の継続的改定
    組合は、この基本方針及び特定個人情報取扱規則の遵守状況などの定期的な確認及び評価を行い、その見直しを含めて特定個人情報の適正な管理に努めます。
  6. 苦情・相談等への対応
    組合は、特定個人情報の取り扱いにおける安全管理措置に関する苦情、相談等に適切に対応するための窓口を総務部に置きます。

京都府農業共済組合