反社会勢力に対する基本方針

反社会勢力に対する基本方針

反社会的勢力に対する基本方針

京都府農業共済組合(以下「当組合」という。)は、農業保険事業の実施に当たっては、政府が定めた「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」の趣旨を踏まえ、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力との関係を遮断し、組合員の信頼を維持し業務の適正性を確保するため、以下の方針を遵守することを誓約します。

  1. 当組合は、反社会的勢力による不当要求に対し、対応する役員及び職員の安全確保を最優先し、組織全体として対応します。
  2. 当組合は、反社会的勢力による不当要求に備えて、平素から、警察、弁護士等の外部専門機関との連携関係を構築します。
  3. 当組合は、反社会的勢力とは、取引を含めた一切の関係を遮断し、反社会的勢力による不当要求に対しては、断固として拒絶します。
  4. 当組合は、反社会的勢力による不当要求には一切応じず、毅然として民事及び刑事の両面から法的対応を行います。
  5. 当組合は、理由の如何に関わらず、反社会的勢力との裏取引や資金提供は絶対に行いません。

※「反社会的勢力」とは、「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」に記載される集団または個人を指します。

京都府農業共済組合