「令和3年春の農作業安全確認運動」が始まりました。

「令和3年春の農作業安全確認運動」が始まりました

 農作業死亡事故者数が年間300人前後で推移している状況のなか、事故件数の減少を目標に、春の農繁期を重点期間として、農業機械作業事故防止に向けた運動を実施します。
また、乗用トラクタの死亡事故が多く発生しており、転落、転倒が原因の多くを占めます。安全フレームの付いたトラクタを使用すると同時に、シートベルト、ヘルメットを着用し安全を確保しましょう。