収入保険

収入保険

加入できるのは

青色申告を行っている農業者(個人・法人)が対象です。
※青色申告(簡易な方式を含む)の実績が1年分あれば加入できます。

青色申告を始めましょう

加入対象収入

農業者が自ら生産した農産物(米、果樹、野菜、花、茶、はちみつ等)の販売収入全体

補償対象となる災害等

災害で収穫量が減少した場合はもちろん、豊作なので農産物の価格が下がった場合など、農業者の経営努力では避けられない収入減少を補償の対象とします。
(捨て作りや意図的な安売りなど、故意に収入を減少させた場合は補償の対象外となります)
具体的には下記のような場合、補償の対象となります。

補償対象となる災害等

補てんの仕組み

保険期間の収入が基準収入の9割(5年以上の青色申告実績がある場合の補償限度額の上限)を下回った場合に、下回った額の9割(支払率)を上限として補てんします。

※補償限度額は基準収入の9~5割の中から選択できます。
※支払率は9~5割の中から選択できます。(積立方式の支払い率は4~1割の中から選択できます)
※補償の加減を基準収入の7~5割で選択できます。
※「掛捨ての保険方式」に「掛捨てとならない積立方式」も組み合わせるかどうかは選択できます。

●例えば、基準収入が1,000万円で最大補償の場合、保険期間の販売収入が900万円を下回ったときに補てんされます。

補てんの仕組み

保険料等の負担

農業者は、保険料・積立金を支払って加入します。(任意加入)

※保険料は掛捨てになります。保険料率は、1.08%(50%の国庫補助後)で、自動車保険と同様に、保険金の受取が少ない方は、保険料率が下がっていきます。
※積立金は自分のお金であり、補てんに使われない限り、翌年に持ち越されます。75%の国庫補助があります。
※事務費は別途必要です。

●例えば、基準収入が1,000万円で最大補償の場合、掛捨ての保険料は7.8万円、掛捨てでない積立金は22.5万円、事務費は2.2万円となります。

収入保険と、農業共済、ナラシ対策、野菜価格安定制度などの類似制度については、 どちらかを選択して加入します。

収入保険スケジュール

保険料等の負担

シミュレーション

保険料等試算シート

保険料等試算シート(携帯電話の方はこちらをご利用ください)

年間の農産物収入、保険割合、積立割合、支払率、支払回数など選択すると、保険料が一目で分かります。携帯用は保険金が支払われるパターンもグラフで比較できます。

収入保険と類似制度(農業共済、ナラシ対策、野菜価格安定制度など)の掛金や補てん金の比較が行えます。

収入保険と類似制度の比較シミュレーションファイルはこちらから(Excel)

収入保険の保険料等のシミュレーションの説明資料はこちらから

さらに詳しく作物ごとに入力する場合はこちらをご利用ください

収入保険の基準収入の算定シミュレーションファイルはこちらから(Excel)

収入保険の基準収入の算定シミュレーションの説明資料はこちらから

事業規程(収入保険のみ)はこちら

収入保険:規程

加入者の声リンク

http://nosai-zenkokuren.or.jp/voice.html

農林水産省のHPへリンク

https://www.maff.go.jp/j/keiei/nogyohoken/index.html