園芸施設共済

園芸施設共済

加入できるのは

京都府内に住所がある農業者が対象です。

加入対象

施設本体とともに、附帯施設や施設内農作物も加入できます。

特定園芸施設 内部で農作物を栽培するための、プラスチックハウス、ガラス室、雨よけ施設、多目的ネットハウス
附帯施設 暖房施設、換気施設、かん水施設、自動制御施設など
施設内農作物 施設内で栽培されているトマト、キュウリなどの農作物

※ただし、収入保険加入者の方は「施設内農作物」の加入は出来ません。

補償対象となる災害

〇風害、水害、ひょう害、雪害、地震、その他気象上の災害(落雷)
〇火災、破裂、爆発
〇車両及びその積載物の衝突(賠償金の支払いがあった場合は除く)
〇病虫害(病虫害事故除外方式に加入している場合は対象となりません)
〇鳥獣害

※施設内農作物に係る水害などの損害は、施設本体の事故の有無にかかわらず対象となります。
※施設内農作物を特定園芸施設とあわせて加入する場合、病虫害を共済事故としない方式(病虫害事故除外方式)があります。その場合、共済掛金が割引されます。

補償期間

掛金を払い込んだ日の翌日から1年間

補償内容

園芸施設共済の補償額は、再建築価額の最高8割を上限に農業者が選択できます(40%~80%)。
※時価額(資産価値)を補償する仕組みなので、経過年数に応じて減価償却を反映して補償額を算定します(100%~50%)。

復旧費用補償 被害に遭った際の修繕などに備えて、時価額に補償を追加できます。耐用年数内なら再建築価額の最高80%まで、耐用年数以降も再建築価額の最高60%までを補償します。
撤去費用補償 損害発生時の本体撤去に要する費用を補償します。
試算例

1棟250㎡、25.4mmパイプハウス、一般軟質フィルム(被覆後1年未満)
本体価額550,000円(本体450,000円、ビニール100,000円)
農作物価格300,000円(果菜類)付保割合8割、小損害不てん補3万円、新規加入者の場合

(単位:円)

設置後4年経過の施設
(資産価値460,000円)
設置後10年経過の施設
(資産価値320,000円)
本体のみ 本体+内農作物 本体+復旧 本体のみ 本体+復旧
農業者が支払う共済掛金 4,756 6,861 5,683 3,361 4,288
半損(50%)した場合に
支払われる共済金
184,000 304,000 220,000 130,000 175,000
全損した場合に
支払われる共済金
368,000 608,000 440,000 260,000 350,000

※共済掛金の50%を国が負担、復旧費用補償には国庫負担がありません。事務費は別途必要です。
※共済掛金は、毎年農業者ごとの被害の発生状況(損害率)に応じた掛金率を適用し、算出します。
※共済掛金率は、3年ごとに改定します。
※パイプ径31.8㎜のパイプハウスは掛金が15%割引となります。
※小損害不てん補(共済金の支払開始)の選択額(10万円、20万円、50万円、100万円)により共済掛金を低くすることができます。

損害が発生したら? 必ず最寄りの支所までご連絡下さい。

お支払いできない損害は

・設備の故障及び老朽化によるもの
・凍霜害、生理障害、薬害による施設内農作物の損害
・部材そのものに損害がない場合(ビニールのめくれ、ずれ落ちなど)
・盗難やいたずらによるもの、及び紛失(ネットが風で飛ばされ紛失した場合)
・小損害(共済価額の5%または3万円および追加の選択額(10万円、20万円、50万円、100万円)を超えない損害)

詳しくは、パンフレットをご覧ください。

園芸施設共済パンフレット