農業共済とは

農業共済制度とは

 

 農業は、土や水を基に、私たちの基本的な食料になる動植物を育てる産業であり、人間の生命を支えるかけがえのない産業です。しかし、他の産業と違って気象上の災害などの、自然の影響を直接的に受ける事が多く、リスクの大きな産業です。特にわが国のように地理的条件に恵まれない国土では農業の生産基盤が弱く、たび重なる自然災害によって農家は大きな打撃を受けてきました。この打撃は農業にとどまらず、地域社会にも深刻な影響を与えています。
 このような気まぐれな災害で受ける損害を補填して、農家経営の安定を図り農業生産力の発展に役立つように仕組まれたものがNOSAI制度であり、昭和22年12月農業災害補償法の制定とともに発足しました。

農業災害補償法第1条

農業災害補償は、農業者が不慮の事故によって受けることのある損失を補てんして農業経営の安定をはかり、農業生産力の発展に資することを目的とする。

(昭和22年12月15日制定)

シンボルマーク

楕円の形は、
農作物の種子を表しています。
 
楕円の4つの数は、
理念を受けて、農業を支える4つの要素 「緑・土・水・人」を意味しています。
また、 豊かな実りをもたらす四季を表しています。
 
楕円の並びは、
日本列島を表すとともに、NOSAIの頭文字Nを表しています。
 
楕円の右上がりの方向は、
農業とNOSAIの発展していく姿を現しています。


農業共済の理念





  京都府農業共済組合(NOSAI京都)
    〒604−0842
    京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町115番1
    TEL:075−222−5700 FAX:075−222−5701